楽しくリフォーム計画

楽しくリフォーム計画

資源を有効活用して地球に優しいリフォーム!

地球に優しいリフォーム 資源を有効活用したリフォームは、地球に優しいことに加えて住む人にも良い影響を与えるのが特徴です。夏に涼しく冬に暖かい環境を保つために欠かせない断熱材は、セルロースファイバーのように自然素材を使うことが可能です。セルロースファイバーは新聞古紙から作られる素材で、湿度を調整する機能に優れています。
部屋の中の湿気が多いと水分を吸収し、反対に乾燥していれば吸収していた水分を放出する調湿機能が特徴です。新聞古紙はもともと木質繊維で作られているため、生きている木が呼吸を行うような働きがあります。リフォームに使用する自然素材は人工素材に比べて値段が高いため、短期的には出費が大きくなる傾向にあります。
しかし機能的に優れていることと、シックハウス症候群のリスクを減らすことができます。断熱材は冷暖房を使う時間を抑えられるので、電気代をはじめとする光熱費を節約できることを考えると、長期的にはお得になる可能性があります。

エコ資材はリフォーム現場で大活躍

エコ資材はリフォーム現場で大活躍 国から補助金も出るエコリフォームは注目の工法です。冬は暖かく夏は涼しく過ごせるようにすることで、冷暖房に使う電気の消費量と二酸化炭素の排出量を減らすことができます。そのためには部屋の機密性を高め、外の気温が部屋に伝わりにくくすることが必要です。それを可能にする断熱効果のあるエコ資材は、現代のリフォームに多く利用されています。
部屋の断熱効果と機密性を高めるひとつの方法は、今ある窓に内窓を取り付け、二重窓にすることです。また、窓ガラス自体を、断熱効果のあるコーティングされた特殊なものに交換することでも効果が得られます。それ以外には、床や天井裏に敷き詰める板状の断熱材や、吹きつけて使う断熱材も。外壁のリフォームをする際に、合わせて断熱材を貼る施工がよく利用されています。
これらをおこなうことで、暖房や冷房の効きがよくなり電気の使用量を少なくできるメリットがあります。地球環境にもよく、普段の生活も格段に暮らしやすくなるエコ資材を取り入れることは、これからのリフォームには欠かせないものになるでしょう。

新着情報

◎2018/11/2

リフォームの見積もり価格の相場
の情報を更新しました。

◎2018/7/4

調査と見積もりは数社に依頼
の情報を更新しました。

◎2018/3/8

キッチンでよくあるトラブル
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

中古一戸建て
の情報を更新しました。

◎2017/10/4

地球に優しいリフォーム
の情報を更新しました。

◎2017/5/17

サイトを公開しました

「リフォーム エコ」
に関連するツイート
Twitter